しわ 化粧品

しわに効く化粧品の選び方!まずはしわの種類を理解しよう!!

年齢と共に増えてくるしわ、とても気になりますよね。海外ではしわは経験を積んだ知的な女性の象徴と言われますが、日本ではその風潮はありません。私も目尻のしわやほうれい線にショックを覚える事もありますし…。

 

そんなしわを少しでも消すには、化粧品の力を借りる必要がありますよね。しかし、あなたは自分にあった化粧品を使っていますか?もし適当に選んでいるのなら、しわ改善に適切とは言い難いです。

 

そこで今回は、しわに効く化粧品の選び方についてご紹介していきます。又、しわの種類についても記載していますので、ぜひご参考にして下さいね!

 

化粧品を選ぶ前にしわの種類を知っておこう!

 

*浅いしわ*
浅いしわは肌が乾燥する事で生じるもので、皮膚の薄い目元等にできやすいのが特徴的です。これはお風呂上りや洗顔後にはあまり目立ちませんが、肌が乾燥してくると目立ってくる厄介なしわです。又、浅いしわは化粧ノリを悪くしますので要注意です。

 

このしわの原因は、表皮にある水分量が減少して乾燥すると生じます。よって、徹底的な保湿が必須のしわなのですよ。

 

*深いしわ*
手のひらで皮膚を引っ張っても跡が残っているのが深いしわです。表情を動かした時にできたしわが無表情になっても残っているのが「表情じわ」。さらに、表情じわが肌の奥にまで刻まれてしまったのが「真皮じわ」と言います。

 

表情じわや真皮じわの原因は、加齢・表情の癖・紫外線等が挙げられます。若い方の肌ですと、笑った後でも肌のハリや弾力がすぐにしわを戻してくれます。しかし加齢や紫外線の影響を長年受けていると、しわはなかなか元に戻ってくれません。

 

これは肌内部のコラーゲンやエラスチンが減少してしまう為です。深いしわを悪化させない為にもまずは表情じわを改善し、真皮じわを作らないよう心掛けましょう。

 

しわに効く化粧品の選び方をご紹介します!

 

*浅いしわに効く化粧品*
上記でも記載しましたが、浅いしわには保湿が必須です。保湿成分が多く配合された化粧品で毎日しっかりケアしましょう。又、入浴直後・洗顔直後にすぐに保湿するとより乾燥を防ぐ事ができるので覚えておきましょう。

 

そして保湿力の高い成分は下記のようなものが挙げられます。これらの成分が配合された化粧品を使って浅いしわを撃退していきましょう。

 

・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・アミノ酸
・PCA-Na
・スクワラン 等

 

配合成分が良く分からない場合は、販売員さんに聞いてみるといいですよ。浅いしわはとにかく徹底的な保湿が必要という事だけ覚えておいて下さい!

 

*深いしわに効く化粧品*

 

深いしわはコラーゲンやエラスチンが減少する為だと上記で記載しました。しかしこれらの成分は分子が大きい為、化粧品を肌に付けただけでは浸透してくれません。そこでオススメなのが、コラーゲンの生成量を増やす成分や皮膚を再生させる成分配合の化粧品です。

 

・ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルやAPPS等)
・成長因子/グロースファクター(皮膚を再生する為に医療機関でも使われています)
・レチノール(ビタミンAの一種で傷んだ細胞を修復します)

 

上記のような成分が配合された化粧品が、深いしわの改善に効果的です。又、深いしわを改善するには有効成分配合の化粧品を塗るだけでは効果が薄いです。きちんと効果を得るには、肌の古い角質を除去するピーリングを取り入れてみて下さい。

 

ピーリングを行うと、古い角質除去・新陳代謝アップ・化粧品の浸透率アップ等の効果が得られますよ。化粧品でのケアとピーリングでしわ対策をしっかり行いましょうね!

 

あなたに合った化粧品を選んでしわを改善しよう!

 

今回はしわ改善に有効な化粧品についてご紹介してきましたが、ご参考になりましたか?しわには浅いしわと深いしわがあり、それぞれ特徴や原因が違います。その為、同じ化粧品で適当にケアするだけではしわを改善する事はできないのです。

 

まずは消したいしわの特徴を知り、それに合った化粧品でケアする事を心掛けましょう。又、化粧品だけでなく普段の生活にもしわ対策を取り入れる必要があります。十分な睡眠をとる・食生活を整える・ストレスを溜めない・禁煙等を心掛けましょう。

 

化粧品でのケア・ピーリング・生活習慣の改善を日常に取り入れ、嫌なしわを薄くしていきましょうね!